朝日新聞メディアプロダクション

中西 鏡子 : クリエイティブチーム

入社2年目。大学では日本史を専攻し、新卒でマンガ・アニメ・ゲーム関連の会社に入りました。この会社で見様見真似でキャラクターの人気投票サイトを作ったことがきっかけで、ウェブに興味を持ち始めました。25歳のときに未経験でウェブ制作会社に入社してイロハを学び、何度かの転職を経て、2012年に契約社員として朝日新聞へ。リッチなウェブコンテンツを作成するために発足したばかりのクリエイティブチームで、初期メンバーとして働き始めました。2016年にAプロに正社員として入社、現在に至ります。ニュースをウェブでどのように表現するか。先行する欧米のメディアの表現も参考にしつつ、国政選挙やオリンピックなどの大型案件から日々のニュースまで色々な場面でウェブページを作成しています。ウェブはやれること、やりたいことがとてもたくさんある分野です。

ランダム・ダイアリー

○月○日
平昌五輪特設ページの打ち合わせ日。ページ全体の構成やSEO対策(検索エンジン最適化)など、過去に取り組んだプロジェクトを参考にして進化させていきます。
○月○日
1カ月後に迫った衆院選の打ち合わせに参加。動画と記事を組み合わせた見せ方を記者の方やカメラマンと協議しつつ、パソコンとスマートフォンそれぞれで最適な表現を、実際の端末で検討します。
○月○日
バイク便で速達されたデータをその日のうちにウェブコンテンツに仕上げます。できる限りの早さで読者に届けるため各部署と連携して最善を尽くします。クリエイティブチームでは大量のデータ処理作業を分担して、配信のタイミングに備えます。
○月○日
ユーザーからアンケートを募集して結果を発表しているフォーラムページを新テーマに切り替える日。数日前から準備してきたコンテンツがやっとオープンします。
○月○日
今日はノーベル化学賞の発表日。ノーベル財団のウェブサイトやツイッターなどを見ながら発表を待ちます。日本人化学者が受賞となれば、クリエイティブチームも速報作業を手伝います。

PAGE TOP